グレイヘアには保湿必須です!  艶が必須です! グレイヘアには保湿必須です!  艶が必須です!

グレイヘアには保湿必須です! 艶が必須です!

2019.07.11
グレイヘアには保湿必須です!  艶が必須です!

白髪が増えてくると艶がなくなったと感じませんか?

染めているからわからない?  ( ;∀;)  

染めているから艶がないと思われています?

 

私は一美容師なので顕微鏡で見ていないので絶対とは言えませんが、

どの資料を見ても白髪のメカニズムが100%を解明されているわけではありません。

 

わかっていることから、理解し、自身に落とし込むしかありません。

そして私自身も提案していきたいです。

 

ここでは、白髪ができる簡単な理由だけ・・・・。

また、記事にできるよう勉強したいと思いますが、

*加齢

*遺伝

*ストレス

と言われますが、、↑の原因によって、

メラニン色素を作るメラノサイトの働きが弱くなるから!

(メラニン色素の生成ができない)

黒い色素を含まない髪の毛が生えてくるのです。

 

元々は髪の毛は透明(白い)なのだそうです。  

髪の毛の中が空洞になっています。  

光が屈折して白く見えるそうですが、、

透明(白い)に黒色の色素が入り込んで黒髪になります。

人種により、ブロンドだったりします。

 

図を見ると、メラニン色素が髪の毛の内部の隙間を埋めてるように見えますね。

また、色素には黒色の色素(ユーメラニン)と黄色の色素(フェオメラニン)の2種類あって、

材料はともにチロシンというたんぱく質です。

チロシンの変化を活性化するのが、チロシナーゼという酵素。

チロシンやチロシナーゼが不足すると、

色素は作られないので白髪になる。

 

とあります。このことから、黒髪の方がタンパク質量も多くなり

弾力やしなやかさが出るのだと思います。

そして、白髪のキューティクルの枚数は黒髪に比べると多いそうです。

なのでダメージはしにくいですが硬い。

 

キューティクルの層が均等に巻かれていれば艶も出ますが、   

巻きずしの巻き方が強い、弱いがあるとボコボコした手触りになりますね。

健康だけれど反射してパサついて見えてしまう。。

 

毎日少しずつ生えてくる髪の毛、

毎日の頭皮のお手入れが均等にキューティクルの巻きを

整えてくれるかもしれないと思っています。

(外的要因だけですが)

 

(私の頭皮画像です)

↑ 穴がしっかりあるのがわかりますね。

頭皮が綺麗で毛穴が詰まっていない。  

そして白い!

この毛穴から、皮脂・・・・天然の美容液が噴出するのです☆☆

 

毛穴が詰まることがあると、毎日生える髪の毛の太さが日ごとに変わることになります。

以上のことから、冒頭の答えです。

キューティクルのバラツキ、

老廃物による毛穴の歪みで楕円になる、

タンパク質の減少で保湿できない。

ということから艶が出にくいのです・・・・。泣

「白髪が増えてくると艶がなくなったと感じませんか?染めているからわからない? 
 ( ;∀;) 
 染めているから艶がないと思われています?」

染めるからだけではないのですね。

染めなくても、若い頃の黒髪とは違った髪質に変わったからですね。

 

白髪染めのヘアダイとオシャレ染めのカラー剤の強さも違いますが、

染める髪の毛も変わってくるので、

ダブルでパサついて見えるということですね。。残念。。

染めれば染めるほど艶のない髪に・・・・。   

 また余談です。。

 

 

 

黒髪ではわからないが、

ほとんど白髪のご年配方の髪の毛が黄ばんでいることがあります。

それは、脂なのか?

リンス、トリートメント剤、

シャンプー剤に含まれる油分、

整髪料のオイルやスプレー、ワックス類、

コーティング剤などの残留物が毛穴に残り

酸化するから黄色くなる!  

油跳ねした壁など黄色くなっていませんか??

 

グレイヘアは特に頭皮から考えるケアをする必要があります。

生える髪の毛は黄ばんでいません。透き通る白です。

そのまま綺麗な状態で伸びれば艶のある綺麗な髪です。

 

外に出る時、毛穴にある汚れが付着し、取れない場合、

日に日に酸化され色が付いていきます。

 

⦅(これも余談ですが、ヘナも日に日に

空気酸化して髪の毛に色が定着します。)

糸・布を染めるのも天日干しして色が濃く入りますね⦆

植物だから髪のタンパク質を強化するので良いのですが、

不必要な物質が酸化するのは怖いですね。

薬剤による「ヘアダイ・パーマ」

酸化は、身体の酸化=サビ、老化にあたります。

 

たくさんの活性酸素を発生させるので、塗った時から老化していくという訳ですね。。

 

なので、ヘアダイをされてしまうと白髪は増えていくと思いますよ。 

   また、余談・・・・((+_+))

 

 

)

(店内撮影画像)

頭皮のスコープも出来ます!  

気になる方はおっしゃってください。

(余談ですが、シャワーヘッドを1週間試されたお客様の頭皮が綺麗になっていました☆)

 

(左)の写真は、頭皮が少し黄色くなってきています。

汚れだけではなく、血流の悪さから硬い皮膚になっているように見えます。  

皮脂のバランスが悪いように見えます。

そして、(右)白髪の方が黒髪より太く見えるように感じます。

透明なようにも見えます。まるで、生まれたての魚のよう・・・・・。

 

黒色より白い色は膨張して見えるので太く見えるようです。

そして触った感じも、キューティクルの厚みのせいで硬く感じます。

硬いので立ちやすいですね‼‼‼

 

 

グレイヘアの方は、髪の毛よりもまずは頭皮からのケアから考えていきましょう‼‼‼

 

メラニン色素がない分、表面のキューティクルが

厚くなるのだと思いますが、それも、

均等になりにくいのだと思います。

 

白髪も太いうちはまだ救われます。  

でも、細くなっていき、一つの毛穴から1本しか生えなくなってくれば、

 

全く生えなくなってくれば頭皮も透けて見えてしまうことになります。

白髪の次は薄毛も気になってくる。。

 

・・・・・がほとんどです。だから頭皮から考えるべきです。

 

白髪が、染まりにくい、ヘアダイが傷む理由は、

しっかりメラニン色素(黒色)と同じくらいの色素量を入れるためには、

数多いキューティクルを破壊しないと入らない。

数多いキューティクルをずらす為にアルカリ剤を使用し

膨潤させ隙間を作ります。

 

白髪は健康だけど、染めるとダメージする。

白髪染めのカラー剤は脱色パワーが強くジアミン色素が多い。

 

と、長い前置きがあって、タイトルのグレイヘアには保湿が必要・・・。

艶が必須・・・。を書きます。

 

黒髪も、グレイヘアも艶が無くては・・・。

が当たり前ですね。

ですが、グレイヘアの艶はどうすればよいのか?です。

 

先ほども書きましたが、グレイヘアは黄ばみやすい。  

これは、白髪だからわかることで、

 

黒髪は黄ばんでいるかがわからないだけで、

油分の酸化はしているでしょう‼‼

臭いと、べたつきで気づくくらいです。  

臭いとべたつきが発生したらもう遅いですが。 

  また話がそれてしまうので理解して頂ける方は気づかれると思います。

 

黒髪ではわからなかった、気付かなかったこと、

髪の毛の黄ばみや、頭皮が見えやすくなること。

グレイヘアは黒髪以上に気を使わなければできないということです。

おばあちゃんに見えても良いと言われる方は必要ありませんが、

 

顔が綺麗だから、髪質が良いから・・・。グレイヘアでも良いのよ。

と、人のことを羨ましがられるのは間違いです。

 

黒髪でも、白髪でも頭皮、髪の毛の手入れを

怠らないことが美しいのだと思います☆

 

 

*これも余談ですが、白髪のキューティクルがボコボコしていると、

マニキュアやヘナはコーティングになりますので、

隙間を埋めることになるので艶が出ることでしょう)

 

 

白髪の艶出しですが、第一に頭皮をきれいにすることです。

*頭皮がシワシワにならないよう、しっかり皮脂が出ること、

乾燥させないこと。

→シャンプー剤選び、

洗いすぎず、残留させずに清浄する。

当店では、

ラヴェ、ルミエシャンプー・・・頭皮に何も残さず洗います。

軋みますが乾かすとサラサラになります。

キューティクルの枚数が減っている髪は、

イライラするくらい絡みます。

 

ルシボム・・・頭皮、髪の毛の皮脂のバランスを整えます。

これが、すごい商品‼‼‼‼‼‼ なのです。 

頭皮はスッキリするけれど潤う。個々の皮脂量、

水分量は違います。その人に合わせたバランスを整えるのです。

 

 

*髪の毛のタンパク質を鍛える!(笑)

→食事、マッサージ、育毛剤、ストレスフリー、保湿です。

当店では、オーガニック頭皮ケア(ハーブ)が一番です。

植物の働きはすごいです。細胞の働きを活性してくれます。自然治癒力です。

 

ルシボム・・・シャンプー毎にしていますが、立ち上がりと艶が出ます。

 

★食事と運動、抗酸化を考え、しっかり栄養を摂ること

甘いものを避け筋肉を付けるように。  

できるだけ薬を飲まない。

眠剤や、安定剤、高血圧の薬などは髪質が変わってしまっていますね。

 

タンパク質が整ってくれば水分の定着する場所が増え水分量が整っていきます。

 

★保湿しながら乾かすドライヤーも素晴らしいです。  

乾かし方を気を付けるだけでも綺麗になります。

濡らしても髪の毛には浸透しません。 それは分子が大きいから。 

 その水の分子を細かくすることで深部に浸透でき、

マイナスイオンとプラスイオンがくっつき水ン分子になり

タンパク質とくっつくから保湿されます。

タンパク質が少ないや、

変形していると水分がとどまらないので乾かせば乾かすほど乾燥します。

 

 

★塩素が付くと乾燥します。

塩素除去するシャワーヘッドがあると髪もお肌も乾燥しにくくなります。 

夏は水道の塩素も増えます。

髪もお肌もしっとり~~~☆

お店でも軟水&塩素除去しながら洗っております!

 

塩素が肌や髪には不純物になってしまう理由~~~!

↑↑↑↑↑読んでみてください!(^^)!

 

以上ですが、当店でできることばかりなってしまいましたが、

以外でも、気を付けなければいけないことがたくさんあります。

今まで反対のことばかりをしてたわ~~と

思った方もあるかもしれませんが、グ

レイヘアも髪の毛です。

身体の一部です。大事にすることで見た目も変わるはずです。

書きましたが、グレイヘアを艶のあるように見せることも、

白髪染めをしてでも艶ののある髪にすることも、

正直、手はかかるということです。

白髪として生えてくる髪はタンパク質量も少なく、

くせ毛のようになる~染める~黒髪とは違う仕上がりになるのです。

 

もしかすると手をかけずに自然のままに当たり前のお手入れをする方が、

いつまでも健康な艶のある髪の毛でいられるのかもしれません。

 

黒髪でも、グレイヘアでも艶やかであれば発するオーラは素敵なんです☆

 

余談ばかりで文章をまとめるのが下手ですみません。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

line twitter facebook