ダメージ毛に対して油剤は・・・。 ダメージ毛に対して油剤は・・・。

ダメージ毛に対して油剤は・・・。

2020.04.18
ダメージ毛に対して油剤は・・・。

毛髪診断士、認定講師の福井です♪

 

毛髪に対して効果を確認するために、人毛を、ブリーチ処理したダメージ毛を使用した実験です。

キューティクルはメラメラ立ち上がり、撥水性が悪くなっています。

キューティクルがそのような状態になると、手触りが悪くなり乾燥しているということに比例したということになります。

 

ではそのダメージ毛にいろんな油剤、(トリートメント剤、スクワラン、、)を塗布して60分間放置した後、洗浄してみた。

 

吸着した油剤などのトリートメントは、除去され、キューティクルは剥離し、撥水性も失わられました。

「ここでいう撥水性とは、、、、水をはじくですが、水分が吸収されずはじくことです。いくら、保湿剤などを付けてもはじいてしまうことを言います。」

 

しかし、結論から言ううと、油溶性ビタミンC 誘導体配合のトリートメント剤であれば

洗浄後も、毛髪の撥水性が確認でき、キューティクルの状態もそれほど剥離しなかった。。

 

ここでは、人工的なビタミンC 誘導体を使っていますが、実証としてビタミンC が毛髪にも良いことがわかったということです。

 

ビタミンC は、食品にも含まれますが、植物にも含まれます。

自然体に改善できればと願うばかりです!

 

グラデーションでは、植物に含まれるミネラルが保湿やキューティクルの改善に役立っていると実感しています♪

 

line twitter facebook