生きている髪の毛を扱うスペシャリストとして。 自然な状態でカットをするのか、重たい髪でカットをするのか。 生きている髪の毛を扱うスペシャリストとして。 自然な状態でカットをするのか、重たい髪でカットをするのか。

生きている髪の毛を扱うスペシャリストとして。 自然な状態でカットをするのか、重たい髪でカットをするのか。

2022.05.04
生きている髪の毛を扱うスペシャリストとして。 自然な状態でカットをするのか、重たい髪でカットをするのか。

「ツヤも」

「まとまりも」

キューティクルが整うことで可能になります。

 

カットするうえで【キューティクル】ってものすごく大事だなって思います。

 

*シャンプー剤の違いでカットが変わる

ツヤカミ神戸のほとんどのお客様は「ハーブスのシャンプー剤」を使って頂いています。

カットのベースが整うことでハサミを入れやすくなります。

 

 

例えばですが、シャンプー後、リンスやトリートメント剤を付けることや、

洗い流すと、つるつるになるシャンプー剤では、

軽い軽い1本の髪の毛が重くなります。

 

乾いた後に【ボリュームを抑える】という意味で付けられるならわかりますが、

塗れた状態から油分を付けてしまうと、カットの仕上がりの長さが変わります。

 

本来、毛先をカットすると数mm、浮くものです。

くせ毛の方はもっと・・

 

トリートメント剤を付けなくてもです。

髪の毛は、濡れている時と乾いているときでは伸縮する性質があります。

 

シャンプー剤によって、

  • 根元の立ち上がりに影響し、
  • フォルムの丸みに影響し、
  • 根元が立ち上がれば、毛先の落ちる位置にも影響します。

 

根元が立ち上がって、丸みがでれば、ミディアムの長さでしたら、1cm長さが短く感じるでしょう。

くせ毛で広がりやすい髪質では2~3cm浮きます。

 

たまに、「シャンプー剤何を使われてますか?」とお尋ねすることがあります。

 

それは、カットの仕方を考えないといけないからです。

 

ハーブスシャンプー剤を使われている方と、市販のシャンプー剤を使われている方では、

全然仕上がりが違ってきます。

 

市販のシャンプー剤の場合は、キシまないように油分、コーティング剤が含まれています。

それが蓄積されているのが、カットしにくい原因になっています。

 

 

ハーブスシャンプー剤では、根元が立ち上がりやすくなるので浮きます。

市販のシャンプー剤では、根元が立ち上がらずボリュームは抑えられますが、

地肌と髪の毛に残るので乾きにくく重さがあり、さらっとしないので

結局たくさん梳かないといけなくなってしまいます。

 

 

他の美容室では、くせ毛、跳ねる、ダメージ、があれば

矯正をかける、パーマをかける。  アイロン・スタイリング剤で 

変化させると思います。

簡単だし。

 

 

私のカットは、仕上げにスタイリング剤を付けません。

その為、できるだけ自然のままでカットをしたいです。

 

自然のままでカットをするーー自然のままで収まり良くなるようにカットする。

 

ということを心掛けています。

 

 

*キューティクルが大事な理由

湿気や乾燥に強くなるから。

 

キューティクルは髪の毛の内部の栄養分が流出しないように

海苔巻き状に隙間なく重なり合っているのが健康な状態です。

水分の保持するにもキューティクルが引き締まっていなければ保たれません。

 

健康的にキューティクルが整っていて引き締まっている場合、

湿気が多くても髪の毛の内部に水分が入らないよう、扉を閉めるかのように閉じます。

 

ダメージがありキューティクルが開き気味だと、水分を吸収してしまい癖が強くなります。

 

健康毛は、キューティクルが閉まるので、水分を吸収しません。

キューティクルという【バリア機能】が働いているからです。

空気中の水分は、分子も大きいため普通は、吸収しません。

 

キューティクルに隙間が大きく開いているから水分が勝手に染み込んでしまいます。

 

外気に湿気が多い時、キューティクルが引き締まっていないと必要ない水分が吸収され癖がでます。

 

キューティクルが重なり合って頑丈であれば、湿気にも乾燥にも何ら影響しません。

 

元々くせ毛の髪質の方は難しいかもしれませんが、キューティクルは存在しています。

キューティクルを傷つけないことが、特に大事になります。

 

くせ毛の方は、直毛の方より、広がる。 うねる。艶がない。 手触りが悪い。

 

と思ってしまい、 

 

ついつい、いろいろな物を付けてしまいがち。

 

いろいろな物を付けてしまうと、  

先ほど言ったキューティクルが重なり合わず、隙間が埋まらないままになってしまいます。

 

【ハーブスシャンプー剤】では、本来の姿からの改善になり、

まずは、いろいろな物を付けていた髪から、不純物を取ります。

剝がしてくれます。

 

本当の姿が現れ、くせがひどくなったように思ってしまわれるのですが、

 

そこからがやっとスタートです。

 

髪の毛自身が、保湿力、皮脂の分泌力、バランスを整え始めます。

 

 

本来の細胞の働きを邪魔しないことが大切になります。

 

 

これからの季節、紫外線・エアコン・汗

髪の毛への影響があります。

 

*日に焼けたと思ったら、ハーブスシャンプーをじっくり泡のまま放置してみてください。

少したっぷり目に使ってみてください。

 

泡のままキャップ被っても良いと思います。

 

*汗をたくさん掻いたら、頭皮をしっかり落ち着かせてあげてください。

皮脂のバランスを整えることで、生えてくる髪の毛が落ち着いてくれます。

 

【ルシボム】が良いですね。ご相談ください。

 

 

 

 

line twitter facebook