ドライヤーのかけ方! 熱とキューティクルの仕組みを理解するとやりやすいです♪ ドライヤーのかけ方! 熱とキューティクルの仕組みを理解するとやりやすいです♪

ドライヤーのかけ方! 熱とキューティクルの仕組みを理解するとやりやすいです♪

2022.01.16
ドライヤーのかけ方! 熱とキューティクルの仕組みを理解するとやりやすいです♪
さて、日頃お客様にできるだけわかりやすく説明しようと身振り手振り、説明している、
ドライヤーのかけ方、乾かし方のヒントをブログに書いてみたいと思います。
 
まずは、毛髪の生え方を理解することで、ドライヤーの方向や手の持っていき方が
わかるはずです。
 
 
上の写真は健康毛と、ダメージ毛の違いですが、
私たち美容師がドライヤーをかけブローをすれば、
お客様が乾かすと右側になるのが、左側のように仕上がります。  
ここまで完璧に出来るか?は、美容師の腕次第
 
そりゃ〜、プロだから〜!
と言われそうだけど。。
 
もちろん、お客様より上手いのは当然。
 
ただ、なぜそのように艶が出るのか?
 
その理屈を覚えて頂きたいのです。
 
色々な条件が揃えば揃うほど、ツヤツヤサラサラに仕上がります。
 
単に上手いからではないのです。
美容師は、そのコツを理解しているから出来るのであって、お客様も近いくらい出来るようになります。
 
もちろん毎日コツを掴むようにして頂けたらです。
 
私達も毎日練習しましたから。
でも、一度身につくと何も考えずに出来るようになります。
 
艶が出ないからオイルを付ければいい。
トリートメントすれば艶が出る。
アイロンするから艶が出る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
↑ これだけで解決しようとすれば、、、
 
*オイルが取れないまま蓄積してべた付いたまま、汚れたようになる。
*トリートメント剤も、油分なので蓄積して、乾きにくくなる。
*アイロンしすぎて、しない時のパサパサが酷い。
 
 
 
 
⭐︎ダメージがあれば、まずは、水分補給をしながらドライヤーをかけましょう。
 
⭐︎くせ毛の方も乾燥していますので水分補給を。
 
⭐︎艶を出すためにオイルを付けるのはやめましょう。仕上げに毛先につけるのはok。
 
⭐︎しっかりタオルドライ。
 
 

 

{E79551B4-9A91-435F-B588-E0E67E7DF96E}

 

まず、髪の毛のキューティクルを理解して下さい。

 

写真は毛先(下方向)に向かって重なっています。

上が根元です。

健康な髪でも濡れるとキューティクルは緩み、開くといった表現がわかりやすいと思います。

写真のパサパサ髪のキューティクルのように開く(立ち上がる)

 

とイメージしてください。

 

ドライヤーをかけなければ、キューティクルが緩む(ずれたまま)仕上がるため手触りが悪いまま

寝癖がついたように艶のない髪になります。

 

ハートドライヤーはしっかりとかけて乾かすことです。

 

写真と同じよう濡れているとキューティクルが開いています。

この状態を大袈裟に言うと、将棋倒しの将棋が立っている状態と思ってください。

 

ドライヤーの熱と風で毛先に向かって順番に寝かしていきます。

その時のドライヤーの風の角度は45度ビックリマーク

 

寝元から将棋を倒す感じでキューティクルを寝かせていきます。

根元~中間~毛先!pink

{9CFF3057-9E39-409B-A669-5D01F239336D}
上の絵はわかりますか・???はーと
キューティクルが整うことで艶が出ます。キラキラキラキラ
 
この際、髪の毛の方向を変えずに同じ向きでドライヤーをかけることです。

 

下の絵は、水分を取りたいために・・・・、

早く乾かしたいから・・・と適当にブンブン風を当てれば、

 

キューティクルが定位置に収まらずずれたまま、立ったままでセットされてしまいますなく

絡んだり、手触りの悪い仕上がりになります。

 

 

{36FC1401-21D5-43EB-888F-BAC04533D611}

 

根元からボリュームを出したいかたは。

下からドライヤーをかけるだけの動作ではなく、

それだけでは、毛先だけが広がり、根元のボリュームが出ません。

下から髪の毛の根元を起こして、根元のキューティクルからドライヤーで閉じていきます。

角度は毛穴から45度以上180度まで、お好きに

ドライヤーだけは、キューティクルに対して45度にしてください。

根元を起こしたい場合は、髪の毛を持ち上げて髪の毛に対して45度です。

 

 

{6F26CE00-0254-4175-8CCA-EEB7A67C7A3D}

 

 

 

 ボリュームを抑えたい時。

 

{F7C21274-7B20-450A-B103-C161B471D672}

 

 です。

あくまでもドライヤーの角度と、髪の毛の根元の角度で、艶出しと、フォルムを整えるを書いてます。

キューティクルだけではないですが、

キューティクルが整うには、ドライヤーのかけ方は重要です。

濡れた時、水素結合が切れて、再び結合する時、

ちゃんと隣り合った分子が結合しなければ、直毛になりません。

この辺は難しいので、説明できません

きちんとしたやり方ですれば、水素結合やら、髪の毛の内部も整う状態になります。

参考になれば幸いです

 

ドライヤーも最近では性能が良くなっています!

性能が良いと、早く乾く、傷まない、艶が出る☆

と、いろいろな効果があります。

私がお勧めするのは、美容師も驚くほど使いやすいドライヤーです!こちらの記事も参考にしてください!

https://onl.la/L9wd9nv

line twitter facebook