薬を使わない髪の健康法。 化学薬品で治すのではなく、自然治癒、予防。 薬を使わない髪の健康法。 化学薬品で治すのではなく、自然治癒、予防。

薬を使わない髪の健康法。 化学薬品で治すのではなく、自然治癒、予防。

2021.01.03
薬を使わない髪の健康法。 化学薬品で治すのではなく、自然治癒、予防。

「髪の毛が傷んだらトリートメントをする。

抜け毛が酷くなったら育毛剤を付ける。

痒くなったら薬を塗る。」

 

 

といったことが普通の改善方法ではあります。

 

髪の毛が傷むには理由があります。

抜け毛が酷くなるのにも理由があります。

痒くなることも理由がありますね。

 

ただ、その理由、原因は一つだけではないはずです。

 

傷むまでにしてきたことの積み重ねもあります。

抜け毛が酷くなるのには、生活環境などもあります。

痒くなることも、免疫力の低下ということも考えられます。

 

トリートメントや、薬は一旦治そう。  と考えるから利用します。

薬はどんなことにも使えてしまいますね。

 

しかしながら、一旦治ってもまた、繰り返すこともあります。

薬が免疫細胞に効き目があれば再発しないかもしれません。

 

髪の毛のダメージは、これもレベルによるでしょう~。

 

足りないものは補うことから始め、頭皮ケアをすることで、毎日活性している細胞に治癒力を高めるよう働きかけることで、これから生えてくる髪の毛がしっかりしてきます。

 

髪の毛は自然脱毛した後は、3ヶ月は休止期です。

3ヶ月後から、毛包が作られ、しっかり毛包内で細胞が作られます。

とても神秘的なことです☆

 

頭皮の中で、毛穴から、毛が出てくるまでしっかりと働いています。

ここまでで、もう、髪の太さも、寿命も決まってしまっていることでしょう・・・。

 

外気に触れるまでにしっかり、丈夫な髪の毛を作ることがどれだけ大切なのか!

 

髪の毛全体が本当に綺麗になるのには、2年はかかります。

 

これは一時的な改善方法ではできないことです。

 

とても時間はかかります。

 

頭皮が長年、ヘアダイによる皮膚のダメージがあった場合は、それよりも長いです。

 

ヘアダイ、パーマ、シャンプー剤、の薬剤、不純物が毛穴を汚し、頭皮を傷めてしまうことが、

改善を遅らせてしまいます。

 

薬というものは怖いもので、年齢がいくほど、免疫力が落ちていき、一度、おかしい・・・と思ったときは、もう、昔のようには戻れません。

 

薄毛と白髪が進行します。

 

何も感じない方もあります。。 そんな方は、髪の毛には症状が出ないだけです。

子宮、内臓、脳、に変化を起こしてしまいます。

 

ただ、これはなかなかわからないことなのです。

髪の毛に悪いだけでなく、身体に悪いことだということ。

 

理解しにくいことなのかもしれませんが、パーマ液の臭い、臭いだけではありません。

 

 【化学反応した気体を吸い込むことが、身体の酸素を奪います。】

咽るのもそのせいなのですが、、パーマをかけたがる方にはわからいようですね。

 

薬というのは、治療にも使いますが、頭皮を傷めるのも薬を使います。

 

薬の害をしっかり知って扱っていきます。

 

できるだけ薬剤を使いたくないので、

頭皮ケアに関しては、「ハーブ」100%使って、自然の治癒力に働きかけて改善していきます。

【オーガニック頭皮ケア(ハーブ)】

 

まずは、頭皮に何も残さないということ。

皮膚の働きの邪魔しないために毎日のシャンプー剤が大切です。

そして、メンテナンスのためにも【オーガニック頭皮ケア(ハーブ)】をお勧めします。

↓↓↓

ハーブの力で健康な髪へ】ハーブスキャルプケアで頭皮と髪を健やかに!】

 

 

【自然頭皮ケア ハーブスキャルプケア】 頭皮と髪のケア。  永遠に艶やかさを目指して☆

 

line twitter facebook