抜け毛が気になる~~~けど、髪の毛の寿命というのもある。 抜け毛が気になる~~~けど、髪の毛の寿命というのもある。

抜け毛が気になる~~~けど、髪の毛の寿命というのもある。

2020.10.17
抜け毛が気になる~~~けど、髪の毛の寿命というのもある。

年々、髪の毛の抜け毛がひどくなっているように感じます。

 

当たり前といえば当たり前ですけど・・・・☆

 

年齢的にも、50歳前後で変化してきます。

髪の毛も細胞が成長しながら生えてくるのですから。

 

爪も、まつげも、、

 

少しづつサイクルが変わってくるのは自然現象です。  老化は進むものです・・・・。

 

若いころの細胞の作られ方と、50歳では違ってくるのも当然ですね。

若いころの髪の毛は寿命が5年あったとしましょう~。

 

5年経った髪の毛は、頭皮の中で休止期間を経ます。

毛穴の下のほうで袋がどんどん膨らんでいく新しい細胞(毛包の中に毛母細胞が成長し大きくなります)、成長して、細胞が分裂活動して伸びていきます。

5年経った髪の毛は、新しい髪の毛に押し上げられ抜けていきます。

 

新しい髪の毛は、古い髪の毛の下で育っています。栄養を吸収し、活性して成長しています。

できればその新しい髪の毛がしっかりと生えてくれば、また、5年の寿命なのでしょう~。

 

でも、しっかり育たなければ・・どうでしょうか???

3年の寿命の髪の毛が生えてくるわけです。

 

寿命が短くなった髪の毛が生えてくれば、当然抜ける髪の毛の数も多くなります。

本数が決まっていて、周期が短くなればとどまっている髪の毛の量も減ることになりますね。

生えれば良い~というものでもなさそうですね・・泣

 

生えてきた髪の毛は、紫外線にも、乾燥にも負けず頑張って頭皮を守ってくれてます。

生えている髪の毛は、根元が一番丈夫で、毛先に行くほど弱くなります。

時間が経っている部分なので、3~5年間頑張ってきた部分です。

 

パーマ、カラーをし続けた髪の毛と、自然のままの髪の毛では健康度は違いますね。

 

((((((・・・・頭皮の中で髪の毛は細胞が生まれ育つ大事な場所です。  髪の毛の寿命を決めるのも、栄養と頭皮の良い環境がないと健康な髪の毛は育たないと思います。  だから・・・、私は、頭皮に薬剤をかけることが怖いと感じています。  シャンプーしたら取れるものは、化学薬品にはありません。  自然のヘナやハーブ、植物以外ないのではないだろうか~~~~?  と思われます)))))))

 

 

 

私は40歳頃に不安になり、パーマ、カラーを止めました‼

それは、髪の毛が細くなってきていることを感じたからです。

このままでいいのだろうか??

 

寿命が5年だった髪の毛も、40歳近くになれば、、4年に減ってきていたり、3年になってしまっているかもしれません。

寿命が短い髪の毛はやはり細くなっているように思います。

 

もともとの髪の毛の寿命も、人によって違います。

若い時から3年の人もいます。

ただ、毛穴の数は生まれたときに決まっています。増えません!

 

その人の髪の毛の寿命を縮めることなく、しっかり、頭皮の中で、毛母細胞を育てることです。

生やすことより、細胞を活性して育てること!

 

 

が一番大事なのではないでしょうか・・・?

 

髪の毛は生えます!!!

いくつになっても。

 

これから生えてくる髪の毛を大事にしたい!

髪の毛が生えてくる頭皮を大事にした!!

 

そこを一生懸命考えます。

 

line twitter facebook