染めない勇気と言いますが、第2弾。染めるオシャレ。グレイヘアのオシャレ。 染めない勇気と言いますが、第2弾。染めるオシャレ。グレイヘアのオシャレ。

染めない勇気と言いますが、第2弾。染めるオシャレ。グレイヘアのオシャレ。

2019.01.25
染めない勇気と言いますが、第2弾。染めるオシャレ。グレイヘアのオシャレ。

先日書きましたグレイヘアの記事。https://www.gradation-salon.com/?p=1405

私個人の考えです。

白髪というのは悩みの種。

 

昨年は「グレイヘア」という言葉が流行りましたね。

さて、これからはどうでしょうか・・・・?

 

一言で白髪と言ってもですよ。

直毛の方、くせ毛の方、毛量の多い、少ない、剛毛、軟毛、白髪の量、どこに白髪があるのか??

など、個人差があります。誰でもが白髪良い!  という訳ではないように思います。

 

ほとんどの方が、自分のグレイヘアが想像できない。。。

イメージできなくては挑戦できないのも無理はないと思います。

 

今日も、85歳を超えているおばあちゃん。。染めに来るのがなかなか大変になってきているのに、白髪頭が想像できないと言われてました。   白髪にする勇気がない‼‼‼   そうです。

そうですね。何十年と染められていると、髪の毛の色を変えることが難しくなるのですね。

 

・・・・・・・そのおばあちゃんの娘さんはグレイヘアに去年されました(*´з`)     面白い。。

 

この、85歳のおばあちゃんには、伸びてもおかしくないように、、ほぼ100%白髪なので、茶色のマニキュアはしません。グレーのマニキュアを使って色出しをします。

とても綺麗なベージュのかかったパールグレーにしています。

 

 

他にも、グレイヘアにはしない!  と決められているお客様もあります。

絶対染める派です。  その代わりキッチリ1カ月毎来られます。

毎月毎月きっちりカット、カラーをすることで綺麗を保つ。  これもオシャレの一つの考え方ですね。

 

伸びたから切る。   白髪が出てきたから染める。    ←  汚いと思う時期もあります。

毎月のメンテナンス。 まだ白髪が目立たないうちに。    ← いつも綺麗。

やはり、服装もオシャレです。

 

それぞれの美意識の違い。

雑誌に載ってました。外人さんですが、やはりおしゃれですね。

白髪で白い服を着こなす。白いスニーカーにもビックリ。

 

染めていても、傷んで見えたり、老けて見えたりする方はあります。

 

それと同じだけ、グレイヘアの方でも、おしゃれなグレイヘアの方。老けて見えるグレイヘアの方。

 

当然分かれますね。

悩むことは良いことです。一緒に考えましょう~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.gradation-salon.com/?p=700

line twitter facebook