皮膚科の先生でも。ヘアダイによるかぶれについて 皮膚科の先生でも。ヘアダイによるかぶれについて

皮膚科の先生でも。ヘアダイによるかぶれについて

2018.12.15
皮膚科の先生でも。ヘアダイによるかぶれについて

先月、毛髪診断士の講習会があり、私の頭で理解できたことをご報告します。

講習会では、毎回皮膚科の医師による講習を受けることが出来ます。そこで、今回勉強になったことで、

ニキビや湿疹など肌トラブルに詳しい皮膚科の医師の話。

 

その先生もお肌が弱くかぶれやすいそうで、綺麗な白髪の男性の医師でした。

以前まで、白髪染め・・ヘアダイと言われるカラー剤、アルカリカラーの白髪染めカラーをされていたそうです。

続けていくと、肌が被れ、腫れたりするようになったそうです。しばらく我慢したり、お医者さんですから、お薬塗って対処したのでしょうが、とうとう、体調が悪くなったそうです。

それから、私は使ったことのないので知らないのですが、違うカラー剤で試したそうです。

でも、2~3回で、またかぶれてきた。

次に、マニキュアにされたそうですが、、これも、2~3回は大丈夫だったのに、また腫れてきたと・・・・。

とうとう、染めるのを止めたようです。

 

そうなんです。マニキュアだって、薬品で作られています。

全くつかないこともないですし、シャンプーの時も頭皮に短時間でも付きます。

こうした人は、頭皮に付けるもの全て受け付けない身体になってしまったのでしょう。

アレルギーですね。

アレルギー性は繰り返すことで耐えれなくなった時皮膚炎になります。

その、ほとんどがジアミン染料で反応することが多いです。その他、化学薬品。ですが、植物でもアレルギーを起こしますので、肌に良いからと言って「ヘナ」もアレルギーを起こすこともあります。

 

10年ほど前、問題になりましたね。その時はヘナは雑貨扱いだったため訴えられてましたが、今は化粧品登録に変わったので取扱い説明文が変わっていて、被れたって、自己責任になるだけです。

ヘナは安全を謳ってするものではありません。  ヘナでかぶれた場合は、全身に出て、アナフィラキシーショック症状になります。

植物100%でもアレルギーを起こす方は酷いかぶれ方をします。

 

染めるもの全て、必ずしも安全な物というのはないと私は思っています。

染めた時、もし、違和感を感じた方は、直ぐに美容師に言ってください。

我慢するものではありません‼‼‼

また、頭皮に付けるものは必ずパッチテストをすることをお勧めします。

 

講習で、ホームカラーでかぶれた人の写真を見ました。

酷いものですね。。真っ赤に腫れ、浮腫んでました。ご自身でされたカラーでかぶれてました。

ステロイドを塗って、抗生物質を飲んでも治らなかったので手術で切開したそうです。

膿が出て治ったそうですが。。   膿になるんですね。

 

その後の皮膚はどうなったのだろうか??

本来綺麗になるために染めていたことが被れて肌をダメージさせることになるとは。

カラーによるかぶれは、頭皮が被れるのではなく、離れた場所に出ます。

顔や、首、など。

 

跡に残ることもあるでしょう。

 

簡単だからというのは  とても危険ですね。

 

ホームカラーは特に匂いがないというものがありますが、、身体に溜まるから揮発しないのです。

病院は治すことしかしません。薬を出して様子をみるだけです。

全て自己責任でしてくださいね。

 

 

12月のご予約は・・・⇩

https://www.gradation-salon.com/?p=1450

https://www.gradation-salon.com/?p=700

https://www.gradation-salon.com/?p=1621

line twitter facebook