グレイヘアという選択 グレイヘアという選択

グレイヘアという選択

2018.05.30
グレイヘアという選択

「グレイヘアという選択」という本を見つけました。

最近では白髪の方も増えてきている時代です。白髪の量はそれぞれ違いますがみんないずれ白髪になるものです。   自然なことです。

白髪を染めるお客様はたくさんいらっしゃいます。

ですが、お染めを止める方はやはり少ない。

最初の白髪が出てきた段階が一番肝心だと思います。

数本出てきたからと言って染めてしまうとそのまま止めれなくなる。

まずは、白髪の出初め、、ストレスを無くすよう心掛けることや、髪の毛のケアを一生懸命して髪に艶を出すことをしましょう。

髪の手触りや艶感によって白髪が気にならなくなるはずです。

 

そうは言っても(無理・・・・)と思った方は他でカラーされてしまうかもしれません。

すみません。私が早くからカラーを勧めないから。

直ぐに染めましょう!と言ってくれる美容師が多いと思います。

でも白髪染めです。オシャレではないと思うのですが・・・。

まだまだ白髪が出てきたから染めることが、気を使っていると思っている方も多いですね。

白髪を染めることより、頭皮、髪を健康的に気を使う方が身体のためであり、自分のためでもあると思うのですが。

 

私なら、白髪染め止めたいと言われたら、喜んでお手伝いいたします‼‼‼   です。

雑誌の中にもありました。

本人が覚悟を決めたら、旦那様が理解してくださる。

そうした理解者が増えていけることに、見た目だけでない信頼関係も生まれるのではないかと思ったりもします。

また、他人の目や声を気にしない信念があることも素敵なことだと思いますね☆

 

美容師を長年続けていて感じることの一つに、人の意見に左右される方が多いな~!

確かに人に褒められれば嬉しい。   また、髪の切ったねと言われるだけでも嬉しい。

もちろんそれも大事なことの一つではありますが、

例えば、いきなりショートにカットした時、急に髪色を変えた時、

今までと違うことを本人の意思でチャレンジした時、今までと違ったイメージで違和感と感じ、周りに、どうしたの?  前の方が良かった!  良いという人もあれば、あまり…という人もある可能性はありますよね。

これは、人の見る目のセンスや感じ方の違いでもあるはずなのに、そんな意見に流されてしまい、不評だった・・・。と元に戻してしまわれる方や、チャレンジすることを止める方もあります。

 

中には、周りの意見など気にしない!  あなたに言われたくないわ・・・・。なんて思うこともあるのでしょうか・・・?(*^-^*)

自分の意思を持っていると、そのスタイルがその人の象徴になることもあります。それが個性であり、こだわりでもある。   それこそがオシャレを楽しむ。違ったかな~~~と思っても自分なりに変わるものですし、変えていくこともオシャレの一つです。

 

今回私、バッサリ髪を切りました。  木村佳乃さん、長澤まさみさんのように~~~!写真を見せて!(*^-^*)

でも、佳乃さんには到底なれませんでした・・・・( ;∀;)

当たり前か!!笑

ですが、少しずつこのショートヘアを変化させたり、アレンジを変えることで私のショートヘアになっていっています。

 

白髪もどう活かすか!☆

どのように付き合っていくのか!☆

決めるのはご自身のみです。

流されることなく、自分自身を一番きれいに魅せる魅せ方でアドバイスできることはします。お手伝いができれば嬉しいです。

とりあえず、最近は白髪の人も増えてきている…ということ。

共感者は多いですよ!ということ。  申し上げておきます。

 

当然、そのままでなく、白髪を活かしつつ染めることもできるわけなので、白髪を敵のように思わないようにもできると思います。

 

 

line twitter facebook